ACT 公益信託アジア・コミュニティ・トラスト

よくある質問 English お問合せ 説明会に申込む よくある質問 English 資料請求

menu

2014年5月09日

ACT「アジア留学生インターン受入れ助成プログラム」2013年度インターンの声

2013年度ACT「アジア留学生インターン受入れ助成プログラム」の支援を受けて日本の市民団体でインターンを経験したベトナム出身の留学生ヒエンさんから、動画でコメントを寄せていただきました。

インターンの声

ヒエンさん(インターン当時、修士1年生)は、佐賀大学大学院で教育学を専攻し、公的教育について研究しています。「社会教育や生涯学習の現場での活動に興味があり、総合学習のアプローチ方法を学びたい」と、このプログラムに応募しました。

東京都内のNGO (特活)NICE (日本国際ワークキャンプセンター)で、グループワークキャンプの事務・実務の補佐や、広報などに携わりました。「ワークキャンプが学習や仕事、生活にどのように動機づけていくかを理解しました。そして、社会教育活動のひとつであるワークキャンプを行う職員の能力や役割が分かりました」と話すヒエンさん。どのようなことを学んだかを語る彼女の声をぜひお聞きください。

インターン活動のようす:「ベトナムおやつ会」(2013年8月31日)


((特活)NICE(日本国際ワークキャンプセンター)事務所にて)

受入れ団体のNICEは、ヒエンさんと共に「ベトナムおやつ会」を企画・開催しました。このイベントは、過去のベトナムへのワークキャンプ参加者やこれから参加する人たちが交流し、ベトナムについて理解を深め、NICEが取り組む収入向上支援活動について話し合うものです。

前半は、ベトナムのおやつを紹介しながら、ベトナムでのワークキャンプの経験を分かち合い、さまざまな情報交換を行いました。インターン生は、ベトナムのおやつ「チェー」などを準備し、参加者への説明を行いました。

後半は、ベトナムのワークキャンプを通じて現地の人々の収入向上を目的に製作を始めた「エコたわし」の販売方法について話し合いました。NICEのスタッフが「エコたわし」プロジェクトの経緯について説明した後、ヒエンさんが(今回のインターンで)実際にカフェに飛び込み営業を行った経験を話しました。そして、参加者全員で、「どこで販売できるか」、「参加者が何をするか」など具体的に話し合い、互いに協力し、取り組んでいくことを確認しました。

動画は、おやつをいただきながら、情報交換を行っているときの様子(イベントの前半部分)です。ぜひご覧ください。

関連リンク

・(団体向け)2014年度助成事業の募集
・(留学生向け)2014年度ご案内