ACT 公益信託アジア・コミュニティ・トラスト

よくある質問 English お問合せ 説明会に申込む よくある質問 English 資料請求

menu

2017年度「アジア留学生インターン受入れ助成プログラム」
インターン候補者登録のご案内

インターン候補者の登録を締め切りました。
インターン候補者の登録期限を2017年5月15日(月)に延長しました。
ただし、4月28日まで登録した留学生を優先して登録団体に紹介いたします。予めご了承ください。


2017年5月25日(木)、早稲田奉仕園にて、2016年度のインターン受入れ団体と留学生による発表会を行います。
元インターン生の経験や学びについて聞くことができます。ぜひご参加ください。
詳細:http://act-trust.org/news/0525-asip2016event.html


留学生向け資料   ▶留学生登録フォーム  【インターン候補者の登録を締め切りました】
インターン概要(PDF)
登録団体の概要(PDF)
留学生登録案内&用紙(Word)
スケジュール(PDF)

アジア留学生インターン受入れ助成プログラムとは?

このプログラムは、留学生の皆さんが、日本の社会開発等の現場で、インターンとして業務を経験されることによって、いろいろな人々と出会い、日本理解を深められ、同時に将来、母国に帰国された後、母国社会の発展のため活動されるうえでお役に立つことを目的としています。ただし、このプログラムは、留学生をインターンとして受け入れる日本全国の市民組織(NPO/NGO)その他民間非営利組織を通して実施されます。

「アジア留学生インターン受入れ助成プログラム」の概要

趣旨・目的 2012年1月、「公益信託アジア・コミュニティ・トラスト(ACT)」に、個人の寄付者から特別基金『アジア留学生等支援基金』が設定され、この基金からの支援によりアジアからの留学生の方々に、日本の市民組織(NPO/NGO)やその他民間非営利組織でインターンとして経験していただくプログラムを開始しました。
本プログラムは、日本の大学に在籍するアジアからの留学生(正規の大学生・大学院生)が日本の民間非営利組織におけるインターンシップを通して、大学では得られない経験-日本社会の新しい動きや課題に取り組む現場での体験、地域社会の人々との直接的な交流等-をし、日本理解を深め、そして将来、留学生がインターンシップで習得した知見または技能を母国の社会で活用し、社会開発事業等の発展に資することを目的とします。これまでに、アジア12ヶ国からの留学生99名が、66団体でインターンを経験しました(2016年9月現在)。
インターン対象者 アジアの開発途上国(DAC援助受取国*1)から日本に留学し、日本の大学に在籍する留学生(正規の大学生・大学院生)。なお、インターンを始めるにあたっては、入国管理局からの「資格外活動許可証」が必要です。

*1:アジアのDAC援助受取国は、カンボジア、ネパール、バングラデシュ、東ティモール、ブータン、ミャンマー、モルディブ、ラオス、パキスタン、ベトナム、インド、インドネシア、スリランカ、タイ、中国、フィリピン、モンゴル、マレーシア。(「アジア」は外務省の分類に基づく)
時期/期間 インターンシップ*2の実施期間の長短にかかわらず、2017年8月1日~2018年3月31日の間インターン日数は、最少15日間、最大40日間です(例:週3日で10週間(約2.5ヶ月間)も可能)。詳細は受入れ希望団体(機関)と相談して決めていただきます。なお、インターン終了後、1か月以内に受け入れ団体(機関)に対し報告書を提出していただきます

*2:インターン(留学生)の就労は、1週間で28時間以内、ただし、在籍する教育機関が学則で定める長期休業期間(夏季休暇等)にあるときは1週間で40時間以内(1日8時間以内)が「資格外活動許可証」で認められています(入管法第19条)。
インターン受入れ対象団体 日本の市民組織(NPO/NGO)やその他民間非営利組織(研究機関を含む)
対象となる活動分野:保健・医療、災害救援・復興、国際協力、高齢者介護、人権擁護、科学技術の振興、身体障がい者支援、平和の推進、経済活動の活性化、まちづくり、社会教育、文化・芸術、子どもの健全育成、環境保全、男女共同参画。そのほか、インターン希望者と受け入れ団体間の調整による他の活動分野については応相談。
費用について インターンには、受入れ団体(機関)より手当(食事代等を含み2,500円/日、1,250円/半日)と交通費が支給されます。遠方でのインターンの場合は、宿泊費(上限5,500円/日)が支払われます。したがって、インターンをする留学生の方には、原則、費用の負担はありません。

*インターン受入れに関わる費用は、受入れ団体が公益信託 アジア・コミュニティ・トラスト「アジア留学生インターン受入れ助成プログラム」に申請し、2016年7月に予定されている公益信託アジア・コミュニティ・トラスト(ACT)運営委員会によって審議・決定(選考)されます。申請が採択されない場合もあります。
対象団体数・インターン数 対象団体数:25~30団体
対象インターン数:25~30人
申込み方法 インターンを希望される場合、次の2つの申込み方法があります。詳しくは、『インターン概要と登録案内(PDF)』をお読みください。

【方法1:直接、団体に問い合わせる】
直接、インターンをしたいと思う団体に問い合わせてください。その際、ACTのインターン助成プログラムがある旨、ご説明ください。
houhou1.jpg
【方法2:ACT事務局に登録する】
「登録団体の概要」の中からインターンを希望する団体を選びます。第1~2希望を選び、ACTウェブサイトの「インターン候補者登録フォーム」または「留学生登録用紙」において2017年4月28日(金) 2017年5月15日(月)までに登録してください。 houhou2-1.jpg  ACT事務局は、第1~2希望として選んだ団体に連絡してインターンを希望する留学生(登録順)を紹介します。
 登録団体も、氏名等は伏せた登録留学生リストから受入れたい留学生を選びます。
 ACT事務局から該当する留学生・団体の連絡先等を送ります(この時点までは、留学生、団体から直接連絡をとることはお控えください)。ただし、登録されても、結果的に希望されるインターン先が見つからない場合もあることをご理解ください。
houhou2-2.jpg  紹介後に、インターン受入れを希望する団体と留学生が直接連絡をとり(連絡先の情報提供は、双方の同意を得てから行います)、面接日(面談を前提としますが、遠方の場合は電話も可)を決め、インターンの条件や活動内容、スケジュール等について、直接、話し合って決定していただきます。
自分の大学の授業、研究、フィールドワーク、アルバイト等のスケジュールを十分確認してから、インターンのスケジュールを決めてください。

 そして、両者が合意すれば、受入れ団体が公益信託 アジア・コミュニティ・トラスト(ACT)に申請します(申請提出期限:2017年6月9日(金))。なお、受入れ団体①と留学生Cのように、両者間で合意できず、申請に至らない場合もあります。
houhou2-3.jpg


関連リンク

過去年度助成事業について: 2012年度 | 2013年度 | 2014年度 | 2015年度 | 2016年度
過去年度の報告会の様子: 2012年度 | 2013年度| 2014年度| 2015年度
ACTニュースレター「ACT NOW No.40」 (本プログラムについて特集しています)

お問合せ先・申請書提出先

公益信託アジア・コミュニティ・トラスト事務局
担当:アンガラ

〒113-8642 東京都文京区本駒込2-12-13 アジア文化会館1階 ACC21内
TEL: 03-3945-2615  FAX: 03-3945-2692
Eメールアドレス:asip-act@acc21.org